2013年07月06日

ココ、避妊手術をしました

以前通っていた病院では、ココの身体が小さいため、避妊手術は成犬になるまで待ちましょうと言われていました。
1歳になる直前ぐっと大きくなったので、少し期待していたのですが、結局大きさが変わらなかったので、2歳になって手術をすることに決めました。
ルナの皮膚病をきっかけに新しく病院を変わったのですが、何故かココはこの病院が怖いらしく、待合室にいるときから物凄く震えるんです。
だから、ちょっと心配でした。

7月3日。手術の日。
ココだけ部屋から出すのは簡単。
リードを見せるとココは大興奮、ルナは逃げ回るので、あっさり捕獲。
散歩に行くのだと勘違いしているご機嫌なココ。
DSC06869.jpg

車に乗っても、ご機嫌なまま。
DSC06871.jpg

でも、病院の入り口をくぐった途端、足を踏ん張って抵抗していました。
なまじ長居するとかえって良くないので、すぐに看護師さんにココを預けて、病院を後にしました。

不思議なもので、ルナの時にはなんの心配もせずに手術を受けさせたのですが、ココの時には前日から不安が募って、あれこれ心配してしまいました。
帰宅すると、ルナが始めのうちはココの姿がないのを不思議そうに探していましたが、そのうち定位置で寝てしまいました。

私はといえば、不安になりながら待って、いの一番に病院へ向かいました。
ルナの時は、恐怖と痛みでぐったりしていて、家に着いてからも30分ほどキャリーケースから出てこられなくて、よろよろと出てきたかと思うとその場でばたりと倒れてしまった程でした。
ココは身体も小さいし、新しい病院を怖がっていたのでどうなるのかと心配だったのですが、
看護師さんに連れられてきたココは、多少元気がない程度でルナの時とは明らかに違っていました。
手術も問題なかったようで、ほっと一安心。
この病院は抜糸の必要もなく、カラーもしなくていいとのことで(どのみちココは傷口まで口が届きません)、時期的にもマナーベルトも何もせずにそのままにしておいてくださいと言われました。

家につくと、キャリーから出してもらえると思ったのか、身体を起こそうとします。
DSC06881.jpg

何かを感じるのでしょうか、ルナも心配そうにキャリーの中を覗いています。
DSC06883.jpg

起き上がろうとしたり、横になったりしていたので、
30分くらいはそのままキャリーに入れておきました。
(ルナ対策。じゃれるといけないので)
DSC06902.jpg

でも、ルナの時の恐怖を考えると可愛そうなので、
キャリーから出すと、抱っこしてあげました。
DSC06905.jpg

痛みに耐えているのか、息が荒いのが可哀相で、
声をかけてあげながら、ずっと抱っこしていました。
夜遅く帰宅した家人に夕食も作ってもらって、
ルナと離すために、ココは私の部屋で寝かせました。
私は様子が気になるので、明け方まで起きて、ココのそばにいました。
この日は私の体調も悪く、2度の病院通いと睡眠不足で、翌日は私の方がダウン。
一方、翌日こそいつもより元気がなかったココですが、
手術から3日で、普段通りに復活。
こちらの方が、傷は大丈夫かとひやひやしています。
ともあれ、無事に避妊手術は終わりました。
急に暑くなったので、傷が化膿しないよう冷房を入れました。

『私も心配していたんだよ〜』
DSC06866.jpg

ココは3回ヒートを経験してしまっていますが、
どうかこの先、何事も起こりませんように。
頑張ったね、ココ。お疲れ様。



ニックネーム natu at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ココ、いまだヒート中

ココの出血を確認してから、1ヶ月が経ちました。
いまだ、おむつ生活続行中です。
さすがに長いので、病院へ連れていきました。
長い仔だと、1ヶ月くらい続く仔もいるそうですが、
病気の場合もあるので、予防のための抗生物質のお薬を貰って、経過を見ることになりました。
何事もないといいのですが。
とりあえずは、出血が止まるのを待つ日々です。

ヒート中なので、お出かけができず、お留守番の日々の2匹。
家の中では駆け回っているので(時にはバトルも顔(イヒヒ))、運動量は大丈夫なのですが、連れて歩けない家人の方がストレスが溜まっているようで顔(汗)
お出かけしないと、カメラの出番もないので、画像がない…あせあせ(飛び散る汗)
ので、とっくに過ぎてしまった節分の時の写真でも。
食いしん坊のルナは、貰えるのかと思って、枡の中に顔を突っ込んで。
DSC04032.jpg

ココは貰えないとわかると、あっさり引くタイプ。
この日は、家人が飲み会で、帰宅を待っていたのですが、酔い過ぎてダウンしていたので、1人と2匹で豆まきをしました。
DSC04031.jpg

寒くなったこの頃、時々こんな光景が。
別にあったかくないと思うですが、時にはここで丸くなって眠っています顔(汗)
DSC04038.jpg

早くあったかくなるといいですね。
でも、インフルエンザが流行っているとか。
皆様、どうぞお身体には気を付けてください。

ニックネーム natu at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

病院、のち流血騒ぎ/その1・その2

月曜日(代休でした)、家人が庭仕事をするのに、スリングに入れてもらって一緒に行ったルナとココ。
昼に戻ってきてしばらくしたら、ココが餌を吐きました。
と、思う間もなく、何度も何度も吐き続け、
何も出なくなっても、吐き気が止まらず苦しそうでした。
ルナと同じで、残念なことに吐いた時間は、診察時間が終了した後。
幸い血が混じっていなかったので、4時の診察時間まで休ませることにしました。
「苦しかったです…」
DSC03676.jpg

夕方、病院へ連れて行ったのですが、原因には全く心当たりがなく、
レントゲンや血液検査でも、わからないままでした。
何か毒物系のものを口にしたとしても、すべて吐ききっているだろうということで、点滴で薬を入れてもらいました。
ココは、どちらかというと、ひとりでも平気な仔で、
物怖じもしないし、ルナにも負けずに立ち向かっていく仔なのですが、
どうやら痛みには滅法弱いようで、
血液検査の針を入れるのには、暴れてとても苦労しました。

吐いた後眠ったことで、元気が戻ったのか、
安静にしていないといけないのに、
病院から帰った後は、ルナと追いかけっこをしようとするので、
ずっと抱っこしていないといけなくて…あせあせ(飛び散る汗)
元気なのはいいんですけどね顔(汗)

夜は、低血糖になるのが怖いので、3時間おきにブドウ糖を薄めて与え、
翌朝は元気な様子だったので、ふやかした病院食を少しだけあげて、
再び病院へ。
先生も心配してくださっていたのですが、元気な様子にひとまず大丈夫でしょう、と。
注射を打ったのですが、昨日の暴れようが嘘のように、鳴きもせずに終了。
お薬をもらって帰宅しました。

帰宅後、私の昼食を作って食べようとしたら、
急にココが、狂ったように七転八倒していますがく〜(落胆した顔)
てっきり注射の副作用だと、慌てて抱き上げてみると、
ゆるめだった首輪が、口にはまってしまって、さるぐつわ状態になっていたんです。
ベルト式の皮の首輪だったので、パニック状態になっているココは暴れて、外すことができません。
ココの口の中や周りは血がにじんでいるし、私もかまれて血だらけになるなか、どうにか鋏で首輪を切りました。
DSC03690.jpg

ココの様子を確認したくても、痛さに見せてくれないので、
自分の止血をして、ココを抱っこしながら、
伸びきって汁のなくなったラーメンをすすりました顔(え〜ん)

ところが、これで終わらなかったんですねぇ顔(汗)
夜になって、ルナがどこからか、小枝を拾ってきて、ココと取り合いを始めたので、取り上げようとしたところ、
がぶり、とルナに指をかまれました。
ココとは、歯の大きさが違いますから、傷の深さも尋常じゃありません。
だらだら血がでて、辺りにも血が飛び散りました。
さすがに頭にきて、きつく叱った後、ケージに閉じ込め、どんなに鳴いてもまるきり無視しました。
(近所の方、済みません。うるさかったですよね)
止血しても、30分以上血がだらだら出続けましたねぇ。参りました。
よりによって、同じ日に、ココには右手の親指、ルナには右手の人差指、その他小さい傷は多数…。痛いです顔(泣)
「疲れました犬(泣)
私もだよ顔(汗)
DSC03689.jpg
ニックネーム natu at 01:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする