2011年06月03日

伊勢・鳥羽旅行 ―その3

さて、昨日の続き、旅行2日目です。

泊まったホテル、わんわんパラダイス鳥羽では、ドッグカートの貸し出しをしているということだったので、宿泊予約の際にお願いしておきました。
貸していただいたのは、なんと有名なあのマザーカートのコンフォート。
ぜひ試してみたかったので、ラッキーでした。
そのカートで訪れたのは、二見町にある夫婦岩。ここは、犬OKなんです。
ここへ来たのは、ん十年前のような気が・・・。
 DSC01463.jpg
 
ここの神の使いであるカエルと共に。
 DSC01472.jpg

この夫婦岩は、沖に沈んでいる興玉神石の鳥居にあたるものなのだそうです。
 DSC01467.jpg

ちょうどこの日は、「藻刈神事」が行われていました。
 DSC01480.jpg

神石のあるところまで、禰宜と舞姫たちの乗った和船が近づき、
神酒、捧げものをしたのち、海中の藻を刈る神事なのだそうです。
その藻は乾燥させた後、お守りとして授けられるのだとか。
良い時に居合わせたね、と神社で拝んできました。

ドッグカートを返しに一旦ホテルへ戻り、次の目的地へ。
(コンフォートはルナには大きすぎる気がしました。前輪までの長さもあるので、慣れないと、前をぶつけます顔(汗)。でも、動きやすくて、楽でしたよ〜)

家人の希望で、同じく三重県にある、関の宿へ向かいました。
昼をとっくに回っていたので、まずは腹ごしらえ。
ここにはドッグカフェがあるんです。「ぽ庵」と言って、宿場町らしい建物をそのまま活かしたお店です。
 DSC01513.jpg

中も古い民家そのままの、落ち着ける雰囲気でした。
近所の人たちなのか、何人もの犬連れの方がいらして、賑やかでしたよ。
 DSC01505.jpg

やっとお昼ご飯〜。
 DSC01506.jpg

デザートも美味しかった〜。頂いたドッグフードの見本は、成犬用だったので、有難く辞退しました。
 DSC01511.jpg

関の宿の通りには、電柱がありません。
だから、江戸時代のような雰囲気が味わえます。
 DSC01528.jpg

この日は曇りでしたが、気温は高く、ルナには暑すぎるようでした。
 DSC01515.jpg

高札(江戸時代のお知らせ所)の背後には、郵便局がありました。
 DSC01529.jpg

ちょっと早かったけれど、ルナを連れていることもあり、早めに帰宅することにしました。
翌日は、眠ったり、食べたり、ガウガウしたりと元気だったルナですが、旅行から帰った2日後に血便と、褐色の胃液を吐きました。
旅行が、刺激が強すぎたんでしょうか。無理をさせたつもりはなかったけれど、やっぱり疲れさせてしまったのかな。
でも、犬連れの旅行はとても楽しかったです。
また行けるといいな。ぜひ、行こうね、ルナわーい(嬉しい顔)

ニックネーム natu at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする